ホストプログラム MTBBS の使い方

BBS を開局したいとしている行動が見られたので、
比較的容易に BBS を開局できる Windows 動作のホストプログラム
MTBBS についてのページを作成しました。

Windows 95・98・NT が当時の動作環境ですが、
サイト運営者より Windows 10 および Windows Server での動作確認ができています。
手元にあるパソコンまたは Windows Server 稼働の VPS などを用いての運用が可能です。

とりあえず開局できず最小限の記載をしています。


ダウンロード・インストール

ホストプログラム MTBBS関係 | Vector

MTBBS関連が一覧になっています。

MTBBS | Vector

とりあえず MTBBS ホストプログラムだけあれば OK です。

ダウンロードした mtbbs311.exe を実行し、
インストールするフォルダを指定します。この時フォルダを作成するようにして下さい。
例えば D:\MTBBS です。
バックアップは複数環境の共有で Dropbox や OneDrive 内に入れるのもおすすめです。

Readme.txt および SysMan.txt を参照すると良いでしょう。


はじめての起動

mtbbs.exe をクリックします。MyoHost ウインドウが起動します。
はじめての起動時、この段階ではまだ公開されていませんので安心して下さい。

この起動と共にフォルダにいくつかのフォルダが作られます。


SYSOP(管理者)などの作成

MyoHost ウインドウより ユーザー管理 を選択します。
まだ何もユーザーがないので、管理者を作成します。新規登録 を選択します。

項目
ID SYSOP を推奨します。他の ID にする場合 SYSOP は別途作成して下さい。
ハンドル BBS 上での名前です。
ユーザーレベル 5 以上にします。5 以上で SYSOP メニューが使えます。
パスワード ランダムで生成されています。SYSOP など分かりやすいものにはしないで下さい。

その他必要な場合は更にユーザーを作成します。
ユーザーレベルは主に次となります。

レベル 状態
-1 会員登録直後
0 抹消会員(同じ ID で登録されないよう、ID は抹消時でも残します)
1 ゲスト
2 会員
3~4 特別会員・SIGOP
5~9 SYSOP

このレベル範囲は変更が可能です。


メッセージボード

MyoHost ウインドウより MTBBS - メッセージボード を選択します。

MTBBS では 01~99 のメッセージボードが作成できますが、
最初から多くのボードを作っても書き込みされませんので、
最初は必要最小限にすると良いです。

設定項目は次のとおりです。

項目 内容
有効 このボードが表示されます。
読み込み可能レベル 読む事ができるレベル。1 = ゲスト、2 = 会員など
書き込み可能レベル 書き込み可能なレベルは別途設定できます。
タイトル ボード一覧などで表示されます。分かりやすい内容で
ラベル 英数大文字で入れます。
SIGOP ID 通常管理者の ID ですが、別のユーザーにできます(SIGOP)
スキップ禁止 コマンド N で必ず参照するようにします。

通常 01 から 99 へと読んでいく事になります。
そのため 01 は「システムからのお知らせ」そのままが推奨です。 「フリーボード」が 99 にありますが、
「システムからのお知らせ」に続けて(02~05 辺り)表示する BBS もあります。


システムメッセージの編集

MyoHost ウインドウより MTBBS - システムメッセージ編集 を選択します。

次の表示を編集できます。編集すると SYSMES/ フォルダ内に保存されます。
テキストファイルなので、メモ帳などでも編集可能ですが、
文字コードは必ず シフト JIS(Shift_JIS)にして下さい。

項目 ファイル名 表紙タイミング
ログイン(前) Login.txt 接続直後・ログイン前
ログイン(後) Login2.txt ログイン直後
ログアウト Logout.txt メインメニューから G または Q
入会案内 Apply.txt メインメニューから A、会員情報入力前
ホスト紹介 Sysinfo.txt メインメニューから Y
チャットルーム ChatMenu.txt メインメニューから C
メインメニュー MainMenu.txt メインメニューそのもの
ヘルプ(メイン) Help.txt メインメニューから H
ファイルボード FBrdInfo.TXT メインメニューから F
お言葉 Okotoba.txt ログイン後に表示

お言葉 以外はそのまま表示されます。
お言葉 は複数行入れておき、そのうちランダムで 1 行が表示されます。

ログアウト Logout.txt はあまり大きいサイズにすると
表示されずに固まってしまう事が確認できています。
(タイムアウトによる自動切断で回線は開放されます)


総合設定

MyoHost ウインドウより 総合設定 を選択します。

起動オプション

  • タスクトレイに収納した状態で起動する 時計近くにアイコン表示されます。
  • TELNET接続をオープン 起動時に Telnet 接続を有効にします。

オンラインラインアップ

  • オンラインサインアップを使用する 会員入会できるようにします。
    これを無効にした場合でも、ユーザー管理からの手動追加で登録できます。
  • 自由なIDの使用 その下で設定する項目に関係ない英数で ID を生成できます。
  • IDのヘッダ MYO なら MYO0123 という ID になります。
  • 番号部分の行数 MYO0123 のうち 0123 部分の桁数です。
  • 登録完了後のレベル 1 ならゲストを維持、2 ですぐ会員使用可です。
    入会直後専用レベル -1 にする事もできます。
  • 登録完了後の未読位置 コマンド N などで有効です。

ユーザー

  • ゲストID GUEST がよく使われていますが、悪用防止のため変更もおすすめです。
  • ゲストの未読位置 コマンド N で有効です。
  • Sysop(管理者)レベル 設定しているレベル以上で SYSOP メニューが使えます。
  • プロフィールの表示対象 他の会員さんが見える項目です。

利用制限

チェックを入れているレベルで使用できます。

項目 メインメニューからの操作
Users U 会員リスト
Whos W ログイン状況
Chat C チャット・電報
Telegram T 電報
Sysopcall S SYSOP呼び出し
prOfile O プロフィール
Log L ログ記録
eXwho X IPアドレス表示
enterMail E メッセージの書込 - M メール
Mail M メールを読む
freePost P Post 伝言板
  • FTPログオン可能レベル 使わせないために 9 を推奨します。
  • FTPログオン可能レベル 使わせないために 9 を推奨します。

MTBBS

  • チャット
    • チャットのログを保存する チャットの会話内容をファイル保存します。
    • チャットのバックログ表示行数 入った時、それ以前の内容を表示します。
  • その他
    • アクセスログの表示数 メインメニュー L ログ記録 の行数です。
    • フリーポストの表示数 メインメニュー P 伝言板 の行数です。
    • アクセスカウンタリセット値 指定すると指定値でリセットします。
    • グッバイメッセージの表示数 メインメニュー Q ログアウト の行数です。
    • ログイン通知電報を有効にする ログイン中他の人がログインした時に電報で通知します。
    • SYSOP呼び出しを使用する メインメニュー S SYSOP呼び出しを有効にします。
    • READプロンプトをメッセージの前に表示する メッセージ前にコマンド入力します。
    • グッバイメッセージを使用する メインメニュー Q ログアウト で表示します。

TCP/IP

  • telnet
    • ポート番号 23 のままだと悪質なログインがあるため、変更を推奨します。
    • 同一IPアドレスによる最大接続数 そのままでも良いです。
    • 最大接続数 そのままでも良いです。
    • 無通信チャンネル開放時間 入力がない場合に切断する秒数です。

他の項目は使用を推奨できないため、ここでは記載しません。

サウンド

ログイン・ログアウト・SYSOP呼び出しの再生音を設定できます。

MTIDS

他の BBS と送受できる仕組みのようです。


ローカルでの動作確認

MyoHost ウインドウの左 TCP/IP(telnet) 内の オープン を押し、
Telnet 接続できるようにします。
光回線の場合、これでもルータで設定をしない限り参照される恐れはありません。
Windows ファイヤウォール 表示は有効して接続できるようにします。

MyoHost ウインドウの右下 モデム の上に IPアドレス があります。
光回線などではこれはローカル IP アドレス、
レンタルサーバ契約の VPS などでは公開 IP アドレスの場合があります。

telnet IP アドレス:ポート番号 で実際に接続し、
ログインして使用して動作を確認します。
おかしいところを見つけたら変更して下さい。


ルータでのポート許可

光回線ではルータでポートを許可するように設定します。
ルータや環境によって設定が手順が全く異なりますので、
ここでは詳細に説明しません。


ダイナミック DNS によるドメイン割り当て

この状態で IP アドレスでの接続ができますが、
IP アドレスが可変する場合はダイナミック DNS でドメインを割り当てます。

最近はルータでダイナミック DNS 機能が備わっているため、
そちらに対応しているダイナミック DNS サービスをまずは確認してみて下さい。

通常この場合はサブドメインでの割り当てになりますが、
ネームサーバの CNAME レコードでこのサブドメインを値に設定する事で、
独自ドメインでの参照も可能になります。

Freenom 無料ドメインは BBS 停止時に削除の恐れがあるので、おすすめしません。


固定 IP のドメイン割り当て

ネームサーバの A レコードで IP アドレスを割り当てて下さい。

Freenom 無料ドメインは BBS 停止時に削除の恐れがあるので、おすすめしません。


開局・最終確認

この状態でドメイン・サブドメインで参照できるようになっているはずです。
telnet ドメイン名:ポート番号 で接続し確認します。
運用しているサーバとは別の環境で接続するのが確実でしょう。

正常に接続できるようになったら、宣伝をする必要があるでしょう。
「草の根 BBS のつかいかた」で BBS 追加が可能ですので、ご連絡下さい。

ふうせん🎈 Fu-sen. へのお問い合わせ

この場合、リンクしている Sshwifty にも追加します。
もちろん、Web サイト(ホームページ)を作っても良いでしょう。


Q&A

MTBBS の HTTP で Web サイト(ホームページ)を運営できますか?

はい。MTBBS の HTTP は Web サイト(ホームページ)を公開するためのもので、
wwwroot\ フォルダ内を参照できます。省略は index.html です。

ただし、MTBBS の HTTP はホスト名の指定がないため、
IP アドレスでも参照できるため、意図しない悪質な参照が入ってきます。
そのため、MTBBS での HTTP 開放はおすすめできません。
Web サイト(ホームページ)運用は別途 Windows 向けの Web サーバを使用して下さい。
例えば Caddy が使用できます。SSL も可能です。

Caddy | ふうせん🎈 Fu-sen.

MTBBS の FTP もおすすめできないのですか?

はい。セキュリティ問題が確認されていて、意図しない参照が得られる恐れがあります。
必要な場合は別の FTP サーバで運用する事をおすすめします。

MTBBS は telnet のみのオープンをおすすめします。
また、Telnet 標準ポート 23 以外の値 4 桁または 5 桁のポート番号するのがおすすめです。

うまくいかないのですが、サポートしてくれるところはありますか?

ういるすねっと が MTBBS サポート BBS となっています。
こちらに接続して、ボードに投稿してみて下さい。
シスオペさんの他、過去 MTBBS を運用していたシスオペさんも
会員として残っているそうです。

BBS 一覧 # ういるすねっと

ポート 23 のまま公開していけないのはなぜですか?

Telnet は世界的に接続できます。BBS 以外にサーバへ接続し、様々な操作ができます。
現在は暗号化された ssh へ移行してきていますが、現在も Telnet の攻撃があります。

これは明らかに bot を用いていて、想定される ID・パスワード でログインをしてきます。
Windows 向けの場合、影響は限定的ですが、伝言板でそれが得られる事があります。
ういるすねっと が IP アドレス:23 で公開していて、実際にこれを受けています。

ポート番号を 5 桁にしたいのですが、4 桁までしか入力できません。

一度設定を保存すると設定ファイル MyoHost.INI が生成されます。
これをテキストファイルで開いて編集して下さい。次のところです。

[TcpIp]
Port=23

VPS を使う事はできますか?

Windows Server の VPS などでは問題なく MTBBS が起動し、
動作する事を確認できています。最も安いプランで月 1000 円前後です。

他の OS では動作しないようです。完全に Windows 専用です。